読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そらとぶフライパン

新人作家のブログです。どうでもいいことばかり書いてます。すみません。

今日は猫の日なので小噺をおひとつ。

自作小説

f:id:konohanasakura:20170222205430j:plain

 

この話は、スコットランド境界地方にある小さな町を訪れていたときのものだ。


月が明るい夜、私は宿屋の暖炉の前でブランデーをたしなんでいた。
そこへ宿屋の主人が神妙な面持ちでやって来た。

誇り高き有閑紳士としては、困っている者を放っては置けない。ここはひとつ主人の話をじっくり聞いてやることにした。


「ありがとうございます。ダンナ様。これも神と三位一体の精霊たちのお導きなのでございましょう。

 私がこうして参りましたのは、ダンナ様にお願いしたいことがあるからでございます。

 いえいえ、お代のことではございません。

 お見受けしたところダンナ様はたいそうご立派なお方でいらっしゃいますから、その点に関しては全く心配いたしておりません。

 お願いしたいお話とは、猫のことでございます。

 暖炉のそばにすわっている。はい、左様でございます。灰色の若い猫のことでございます。

 その猫のことで、私どもは困っているのです。

 このようなことを申し上げるのは心苦しいのですが。どうか、この猫と私どものために証人になっていただけないでしょうか?

 じつは、この猫は、猫王朝の一族の生き残り、最期の一匹なのでございます。

 いろいろ訳あって、私と私の妻が王子のお世話をする役目をたまわった次第で。

 悲しいことに、今夜がお迎えが来る、戴冠式の夜なのでございます。

 王子がおっしゃるには、お迎えが来たとき、私と妻は忘れ薬を飲まされるということです。

 自分の子供のように可愛がってお育てしたというのに、私たち夫婦は王子のことを忘れなければならないのです。こんなひどい話があってよいでしょうか。

 そこで、お願いでございます、ダンナ様。

 どこかにお隠れになって、ええ、台所の陰にでも馬小屋の中にでもお好きなところでようございますから。

 王子が猫王国へお立ちになる様子を観察なすって、何もかも忘れてしまった私と妻に、語ってお聞かせくださらないでしょうか。

 後生です、ダンナ様。老い先短い老いぼれを哀れと思ってくださいますのなら、どうか……」

 

 宿屋の主人の話は半信半疑であったが、涙を誘われる話でもあった。願いを快く受け入れることにした。

 私が小説家として名を知られるようになったのは、その後のこと。『エジンバラ・レビュー』誌の誌面に載ったのがきっかけだ。

 あれから何十年たった今でも、宿屋の主人と猫王子には感謝している。

 

(終)

 


ワシントン・アーヴィングの小噺「猫の葬列」を参考にしたのですが、竹取物語になってしまいましたね(^^;)

おかげさまで重版になりました。

書籍情報

こんにちは、このはなです。

またもや一か月以上ブログの更新が滞ってしまいましたが、このあいだにうれしいことがたくさんありました。

というのも、角川つばさ文庫「1%」シリーズ全巻が昨年末から1月2月にかけて重版になったからです♪

最新刊の5巻にいたっては、発売一か月以内に二度も重版となりました。

こんな夢みたいなことが起こっていいんだろうか…とビックリです。

本当に本当にありがとうございました。

4月には6巻が発売の予定です。

どうぞよろしくおねがいいたします。

くわしくは公式のホームページの更新を待ってお知らせしたいと思っています。

 

このはな

 

角川つばさ文庫|大人気シリーズ|1%

 

 

いくつになっても、きゅんきゅんしたい。

日記

こんにちは、このはなです。

一昨日に初稿を提出しました。

まだこれから改稿がありますが、とりあえずホッとしてます。

 

なんだか最近、一年が短いです。

まだ新しい年が始まったばかりなのに何言ってんだコイツ、って感じですけど。

本当なのだからしかたがない…(;^ω^)

 

とくに作家デビューしてからは、メチャクチャはやいです。

3~4か月かけて、アイディアをひねったり、原稿を書いたり、誤字脱字をチェックしたりしています。

一冊が終わったら、ハイ次! と続くため、よけい時がはやく去ってしまうわけなんです。

でも、これって、ありがたいことなんですよね…。楽しみに待ってくださる方がいらっしゃるんですから。

ええ、わたし頑張りますとも!

好きなことを仕事にすることができて、とてもしあわせです。

 

そうそう、そういえば、やっと本を読み始めたんですよ。

こちらの本です!

 

ママ・アイラブユー (新潮文庫)

ママ・アイラブユー (新潮文庫)

 

 

じつは高校の先生からいただいた本です。

主人公は9歳の女の子。お母さんは女優を目指しています。

親子二人がニューヨークで夢を追いかける話だそうです。

まだ最初の数ページしか読んでいませんが、主人公の女の子が、とってもおませさん♡

1956年の作品だそうで、なんとなくその頃のにおいが文面からただよってきます。

 

お母さんの年齢は33歳!

女優の夢を追いかけるには一般的に遅い年齢に思えますが、ぜんぜんそんなことないです。むしろ少女です(作中ではママ・ガールとよばれています)

読んでいると胸がきゅんきゅんしちゃいます。

 

わたしもママ・ガールを見習って、いつまでも夢を追いかけたい!

いくつになっても、きゅんきゅんしたいなあと思ってます。

 

このはな

 

あけましておめでとうございます

あいさつ

いよいよ2017年のスタートですね。

特別に何かをやるわけではありませんが、昨年と同様に一つ一つがんばってやってまいります。

 

現時点で決まっている今年の予定ですが…

 

もちろんイチバンは、角川つばさ文庫1%シリーズ。

6巻が4月15日に発売の予定となっています。

今がんばって原稿を書いているところです。

発売日が近づいたら、またお知らせいたします。

 

そして、これは個人的なことですけど。

昨年はあまり本が読めなかったので、今年こそ年間100冊読了を目指したいです。

あとは体力をつけること。

血液の病気を持っているため、貧血になったり、立ちくらみを起こしたりするんです。なので、健康についてもっと気をつけねばと思っています。

 

こんなわたしですが、どうぞよろしくおねがいいたします!

 

このはな

新刊発売中です( *´艸`)

書籍情報

こんにちは、このはなです。

クリスマスが終わり、あっというまに年の瀬が来ようとしております。

時がたつのは、おそろしいほど早いですね。

この調子じゃ、あっというまに年老いて死んでしまいそうです…。

 

冗談はさておき、今回は久々のブログ更新となりました。

時間が空いてしまってすみません…。

 

先月お知らせしましたとおり、

12月15日に新刊が発売されました!

 

角川つばさ文庫/1% 5 あきらめたら終わる恋

 

一冊ずつ主人公が変わるこのシリーズ。

今回は1巻の主人公、奈々ちゃんが再び主役です。

片思いのカレ、石黒くんとの関係が少し変わります。

 

おかげさまで売れ行きは好調です♪

なぜか今回は初速がよかったらしく、発売後即重版となりました。

なので一部ネット書店での売り切れもじきに解消されると思います。

本当にありがたいことです。

 

そして、そして、今回はこちらだけではないのです!

オムニバス短編集も出ました~(*^^*)

 

角川つばさ文庫/おもしろい話、集めました。(S)

 

タイトル名についてる(S)は、「サファイア」と読んでくださいね。

1%だけではなく、いみちぇんや超吉など大人気シリーズのお話も読めます。

角川つばさ小説賞受賞者の先生方と名前を連ねることになって、たいへん光栄です。

このようなキセキは、今後二度と起こらないかもしれないです…!

 

もし本屋さんでお見掛けすることがありましたら、そのときはどうぞよろしくおねがいいたします!!

 

このはな

 

うれしいお知らせがありました。

日記

こんにちは、

このはなです。

わたしの住んでいるところでも、きれいな紅葉が見られるようになりました。

スーパーに行くとき通る公園は、こんな感じです。

そのうち葉っぱが落ちて冬らしい景色になっていくんですね。

遠くに行って紅葉狩りをするのもいいけれど、自分の身の回りの小さな変化を見逃さないよう、心の余裕を持ち続けたいなあと思っています。

 

…なあんて言ってるけど、

今そんな余裕をこいてる場合じゃないんです(;^ω^)

来月に新刊がでるのですが、すでに次の仕事にとりかかっております。

こんな未熟なわたしが作家でいられるのは、ひとえに拙著『1%』シリーズ(角川つばさ文庫)を買ってくださるみなさまのおかげです。本当に、本当に、ありがとうございます!

今回もおかげさまで重版になったよ! と、うれしい連絡が来ました。

これからもがんばってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!

新刊についてのお知らせは、また後日にいたします♪

 

角川つばさ文庫|大人気シリーズ|1%

ウルトラスーパームーンが見れないよう(涙)

日記

ウルトラスーパームーンについて

こんにちは、このはなです。

今夜は68年ぶりにとても大きな満月が見られるんですって。

なので楽しみにしてたのですが、あいにくの雨…。がっかり(T_T)

じゃあ、次に見られるのは68年後!?

そんな~! いくらなんでもムリじゃないですか~!!

そう思ってネットを見てみたら、日本気象協会の記事を見つけました(^^♪

 

www.tenki.jp

 

 

こちらによると、次に見られるのは18年後だそうです!

18年後だったら、まだ望みがあるかしら。

わたし、生きてるといいけど…。

 

せっかくなので

月つながりということで、わたしの大好きな本を紹介いたします。

 

パパ、お月さまとって!

パパ、お月さまとって!

 

 説明するまでもない有名な絵本。

はらぺこあおむし』と同じ作者さんです。

うちは仕掛けのページをビリッと破いてしまいました…(;^ω^)

 

月が魔法をかけた夜 (集英社文庫―コバルト・シリーズ)
 

 こちらはあまり知られてないかな。

『星空の向こうの国』の作者さんです。

いっけんロマンチックな感じですが、ドタバタ学園コメディなんだけど、ほろっとくる、なんとも独特なタッチの作家さんです。

古本でしか手に入りません。

 

『星空の向こうの国』については、こちらをごらんください。

星空のむこうの国 - Wikipedia

 

  

星空のむこうの国/夢を追いかけて [DVD]

星空のむこうの国/夢を追いかけて [DVD]

 

 

こちらも若い方にはわからない作品ですよね。

パラレルワールドもののボーイ・ミーツ・ガールです。

 あまりにも好きすぎて、同じテーマで短編小説を書いたことがあるぐらいなんですよ。

拙作の紹介は、またの機会に( *´艸`)